爽快なデッキで快適な船旅を!東京湾フェリー乗船記(金谷港〜久里浜港)

こんにちは、ボビーマジックです。

今回は千葉県富津市金谷から、神奈川県横須賀市久里浜を40分で結ぶ、東京湾フェリーの乗船記です。

金谷港から、東京湾フェリーを使って三浦市の三崎漁港に向かい、名物のマグロを楽しんでからの城ヶ島、帰りに海の見えるカフェで再びフェリーで金谷港へ。

アクアラインもいいですが、フェリーに乗って非日常を感じる移動もとても良かったですよ!

約40分の船旅を、一緒に楽しんでみて下さいネ♪

目次

東京湾フェリー(金谷港〜久里浜港)

金谷港フェリー乗り場

5/23(月)10時過ぎの金谷港フェリー乗り場の様子です。

すでに久里浜行きのフェリーはスタンバイ中。

10:25金谷発のフェリーに乗るために、チケットを購入です♪

時刻表と運賃表です。意外にキャッシュレスに対応していますネ!

ここで注目して頂きたいのが、「車検証をお持ち下さい」の文字。

(フェリーは車の長さで運賃が変わる為、車検証を見て車種ごとの運賃を確認しています。)

チケットを買い、フェリーに乗り込みます。

車両スペースの両脇の階段から、客室スペースに移動。

久里浜港まで約40分の船旅の始まりです!

ちなみに、フェリーはこんな感じ。

「かなや丸」の文字がある辺りが車両、その上が旅客のスペースとなっていて、ボビーにとってはかなり大きな船に感じましたヨ!

船内の様子

船の先頭部分は旅客フロアーの1階、2階ともに座席のゆったりした特急列車のような座席です。

旅客フロアー2階部分後方は、ゆったりとしたソファでくつろげる、リビングのようなスペースと、軽食や飲み物を提供している売店が備えられていました。

船内の至るところに座席が用意されていて、なんと定員は680名とのこと。

飲食の場所で困るようなことは、ほぼないと言っても良いと思います。

ちなみにボビーは、売店でアイスコーヒーを買って旅のお供に♪

屋上(?)部分の様子です。

まるでビアガーデンですね!

ドライバーでなければ、美味しいビールを楽しめそうですヨ♪

更に船の最後部近くにもデッキ席が♪

ちなみに喫煙所はこの両脇のベンチ。

愛煙家のボビーの先輩は・・・。

先輩

かなりの時間、ここで過ごしました♪

灰皿のそばがお好きな方です。(^_^;)

船の見学や景色を楽しんでいるうちに、40分はあっという間に過ぎていて・・・。

気がつけば、久里浜港は目の前です!

天気もよく波も穏やかな、とても心地よい船旅を堪能出来ました♪

港に接岸し、いよいよ船の前方の扉が開きます。

ボビーマジック房総ブログ初の神奈川上陸!

これから三崎漁港にマグロを食べに行ってきます!

東京湾フェリー(久里浜港〜金谷港)

久里浜港フェリー乗り場

三崎漁港、城ヶ島と楽しんで、いよいよ千葉へ戻る時間に。

15:25久里浜発のフェリーになんとか間に合う形で到着しました。

(往復チケットを購入していた為、帰りはフェリー乗り場に立ち寄りませんでした。)

帰りのフェリーの車両入口が開きましたネ。

帰りのフェリーには、バイクの方もかなり乗り込んできました。

オートバイは排気量で区分されていて、料金は2,300円〜2,800円。

約30台を搭載可能とのことですヨ。

船外の景色

久里浜港周辺の様子。

金谷→久里浜間では主に船内の様子を紹介しましたので、久里浜→金谷では、船外の景色を中心に紹介しようと思います。

横須賀の火力発電所が、少しずつ遠ざかっていきます。

東京湾にはたくさんの船が往来していますが、その中にひときわ大きな船が!

ボビーの乗っているフェリーの倍以上は、余裕でありそうな巨大な船。

先輩

ボビーさん、あのでかい船は、車を運んでいる船なんだよ!

知りませんでした!

航路の中ほどで、かなや丸の相棒「しらはま丸」とすれ違います。

チーバくんが良い味出してますネ♪

なぜ、このような海面を撮ったのか?

ボビー

実は、かなりの数のクラゲが写っています。

帰りは先輩と話をしながらずっと外にいた為、魚が跳ねたりするところを見ることも!

先輩

イルカを見たこともあるよ!

マジっすか!(マジっぽいですヨ!)

気がつけば、金谷港の裏手の鋸山がすぐ近く!

本当に、あっという間に40分が過ぎていきます・・・。

接岸の様子です。

船員さんが地上の方にロープを垂らして、それを地上の方がカギ付き棒で引っ掛けて受け取り、岸壁に繋げます。

ボビー

い、意外にローテクでした・・・。

金谷港に到着。

千葉に帰ってきました♪

価格・感想

さて気になる価格面ですが、今回は会社の先輩とボビー、そして車(日産ノート)の往復で9,400円でした。

・車両(6m未満往復、運転者1名分込)7,800円
・大人1名往復1,600円=9,400円(人数が増える分、料金も増えていきます)
仮に、市原インターから久里浜を往復した場合、9,400円プラス高速料金が往復3,000円。(市原〜富津金谷)
12,400円

・アクアライン利用では7,160円。(ETC利用の場合)

結論。

少し贅沢な船旅が味わえますが、アクアラインETC利用800円が続いている間は、価格面ではアクアラインに太刀打ちは出来ないようです。

この差額を、遊覧船に乗った船旅代ととらえるかどうかですが、フェリーとアクアラインを両方使うと、海ほたるパーキングエリアも楽しめて、家族の満足度が高い気がします。

(以前行った時に、我が家の家族では満足度が高かったので、またやりますネ!)

お土産市場 ハマーズ

帰りに家族へのお土産はここで買うことに。

(気温が高くなってきたので、生鮮食品を出先で買う気がしませんでした。)

バームクーヘンを中心に洋菓子や、千葉の名産・・・、

そして海鮮物が、ところ狭しと並んでいます。

ボビー

あおさと青のりの佃煮を買って帰りました♪

帰り際だったので食事はしませんでしたが、ここのレストランから見える景色がとても気になりましたヨ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

千葉(九十九里地域)在住。2人の娘のパパで、奥さんも一緒にブログを楽しんでいます♪福島県出身なので、千葉~福島間の記事を中心に、温泉やお城、グルメ情報などを発信していこうと思いますので、よろしくお願いします!
4月以降、月間PV数が1万を超えてきました。たくさんの方にご覧頂いて本当に嬉しく思います。
(2023年1月には4万PV突破しました。本当にありがとうございます!)
今後も、地元房総と故郷福島を中心に、地元民目線でいろいろご紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします♪

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次