【勝浦市】漁港前の海鮮処「市場食堂勝喰」(かっくらう)訪問記~大将のサービス精神に脱帽!~

こんにちは、ボビーマジックです。

今回は、勝浦漁港目の前の海鮮料理店「勝浦港市場食堂勝喰」(かっくらう)の紹介です。

勝浦の賑わいの中心「朝市」の会場から徒歩で数分、漁港の建物沿いに進んでいくと、特徴的な黒い建物が見えてきます。

2016年開業と、まだ歴史は浅いお店ですが、すでに地域の一番人気店に君臨していると言っても過言ではない名店。

ボビー

美味しくて、しかもサービス精神に溢れているので、リピーターも多いと思いますヨ♪

運が良ければ、仲買人の大将自らが自慢の一品を片手に、店内をサービスして回る場面に出会えるかも♪

「勝浦港市場食堂勝喰」、ぜひご覧ください♪

目次

勝浦港市場食堂勝喰(外観&内観)

12/21(木)10:40頃の、勝喰の様子です。

普段、営業している時間には、のぼりやのれんを賑やかに出しているのですが・・・。

この日は強風が吹き荒れていて、このような店構えとなっていました。

駐車場はお店の隣に3台分。

他に漁港と反対側に向かって徒歩2~3分のところにも、約10台ほどの用意があります。

ただし初めての人には分かりにくいので、店員さんに確認してから停めるのが無難かと思います。

店内の様子はこちら。まずは2階部分からどうぞ♪

外が見渡せるカウンター席が4席と、その並びに6人用のテーブル席が2つ。

他にはこのような4人用テーブル席と、相席用の8人大テーブル席がありました。

1階部分には、レジとカウンター席っぽいテーブル席。それと小部屋が用意されておりました。

平日にもかかわらず、10:30開店の10分後には、すでに2階の半分以上が埋まっていました。

土日にはかなりの混雑が予想されますネ・・・。

勝浦港市場食堂勝喰(メニュー&料理)

主なメニューはこちら。

他にドリンクメニューもありますが、ほぼほぼこの見開き部分と立て看板で、店内メニューが構成されています。

立て看板はこちら。

その日の定食や、丼もの魚の種類などが書かれています。

ボビー

当店自慢の海鮮丼をお願いします!

家族で来ていたら、間違いなく1,000円台のメニューを選んでいたでしょうが、ここはぼっちの強みを活かし、ちょっと高級メニューをチョイス。

それほど待つことなく、海鮮丼の到着です。

店員さん

ご自身で、お好きなように載せて食べてください♪

こういう事ですね!

ちなみに、ネギトロにしか見えない物体は「マグロのなめろう」。

九十九里名物「イワシのなめろう」を遥かに超える美味さでした・・・。

イワシにはイワシの美味しさがありますけどネ♪

大将

よかったらどうですか~♪

左側がメカジキ、右側はメバチマグロだそうです。

この逸品を片手に各テーブルを回る大将。

まさに・・・。

ボビー

あんたが大将!

美味しいメカジキとメバチ、ありがたく頂戴しました♪

(このサービスについては、必ず巡り合えるわけではありません)

勝浦港市場食堂勝喰(まとめ)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

千葉(九十九里地域)在住。2人の娘のパパで、奥さんも一緒にブログを楽しんでいます♪福島県出身なので、千葉~福島間の記事を中心に、温泉やお城、グルメ情報などを発信していこうと思いますので、よろしくお願いします!
2023年4月以降、月間PV数が1万を超えてきました。たくさんの方にご覧頂いて本当に嬉しく思います。
(2023年3月には5万PVを突破しました。本当にありがとうございます!)
今後も、地元房総と故郷福島を中心に、地元民目線でいろいろご紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします♪

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次